白昼赤夢

今日は特にする事も無かったので、徳川美術館に行って来ました。
実は諸々の関係上、ここのフリーパスもどきを持っているので、何時でもタダで入れてしまうんです。
元々、美術館、博物館、資料館などに一人でのんびり行くのが好きなので、これはとても有難いですね。
刀剣については今ネタを練っている最中の漫画の参考になりました。あともう少しナイフを用いた護身術に関する情報が欲しい・・・。
んで、何が一番良かったかというと、能に関する展示ですね。
以前考えていた“公安9課in平安時代”のネタが再びむくむくと湧き出て来ました。
更に、併設の蓬左文庫で御伽草子の特別展示が行われていたので、妄想はヒートアップ!!
いつかこっそりサイトに上がっていたら、笑って見てやって下さい・・・。
徳川美術館での特別展示は尾張の殿様が撮影したポトガラヒー、つまり写真が並べられていました。
この“ポトガラヒー”には多少興味があったので、実物を沢山見られて良かったです。
帰りがけに本屋へ寄りました。

ハワイ幽霊城の謎 ハワイ幽霊城の謎
はやみね かおる (2006/09/22)
講談社

この商品の詳細を見る


待ちに待った夢水清志郎シリーズ最新作!
番外編という事で、岩崎三つ子とレーチの受験に関する話はありませんでした。・・・ちょっと残念。
まあ、お楽しみは次巻にとっておく事に致しましょう。

感想はネタバレになりそうなので、“続きを読む”にて。
“番外編”と冠しているだけあって、なんて贅沢な一冊でしょうか。

まず僕の判る限りでゲストキャラが5人(正確には4人と1人工知能)。
・我毛豪太郎(『都会(まち)のトム&ソーヤ!』)
・堀越隆文(『都会(まち)のトム&ソーヤ!』)
・クイーン(『怪盗クイーンシリーズ』)
・ジョーカー(『怪盗クイーンシリーズ』)
・RD(『怪盗クイーンシリーズ』)
最も、『怪盗クイーンシリーズ』自体が『夢水清志郎事件ノートシリーズ』から派生した作品なので、クイーン達をゲストとするかどうかは微妙ですが・・・。
あと、“宮岡はねる”って、何処かで出て来た様な気がするんですよね・・・あのキャラクターの扱い方から判断すると。『僕と先輩のマジカル・ライフ』か『ぼくと未来屋の夏』辺りで出て来ていないかな・・・?

更に、夢水清志郎と夢水清志郎左右衛門との夢(?)のコラボレーション!
僕が思うに、清志郎と清志郎左右衛門は、同一人物か、全くの赤の他人かのどちらかでしょう。
清志郎左右衛門の子孫が清志郎、てのは何やらちゃんちゃら可笑しく感じられるんですね。古びた言い方ですが。
だから多分亜衣ちゃんたちも、“ご先祖様じゃないか”とは考えず、“いつハワイに行ったの?”と聞いたんだと思います。

最後に、シャンボール城!
本物見てきましたよ、僕。
先日のフランス旅行の際に立ち寄りました。
なので、“二重螺旋の階段”云々も伊藤さんのようにフムフムと頷いております。
この階段、レオナルド・ダ・ヴィンチが考案したと言われていますが、実際の所は不明・・・と言うより疑わしいそうです。

おまけで金田さんについて。
彼、あだ名を“ファースト”と言うらしいですが、“ファースト”は英語で“一番の、最初の”と言う意味の言葉。
この“ファースト”を“一”とすると・・・。

 “金田ファースト”=“金田一”

つまり金田さんは金田一耕助・・・かもしれません。
仮にそうだとすると、金田さんも“赤い夢の住人”である事も頷ける訳です。

コメントの投稿

非公開コメント

Calender
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Category
Archive Every Month
Search