最終鉄腕

“鉄腕バーディーDECODE”7巻鑑賞しました。

・・・ううむつとむとバーディーが分かれた時点で(02オンエアという事もあって)何となく結末は読めてました。ちょっと残念。
読みやすい展開と読めない結末は物語を作る上でとても重要だと思うのですよ。

そして12話でキャラ絵が有り得ない位崩れていて泣きそうになった。駆け寄ってくる沙夜香の回想シーンとか、あまりの酷さに思わず叫んでしまいました。なんですか、もちっと何とかなったんじゃないですかあれ?

さてこれで心置きなくバーディー小説が読めますよ。

あ、引越しの日が確定しました。4月4日です。縁起は悪くありません。悪くないってば。
引越し日の前後は多分音信不通になります。復帰は一週間後位でしょうかね。


*拍手返信

・3月26日のOhtsuno様
おお、遂に本懐を遂げられたのですね。おめでとうございます。
僕も“DECODE”を観ていて思ったのですが、アニメバーディーは精神年齢と実年齢が合致していて、ゆうき版のあの身体から溢れる色気とそれを気にも留めない健康的で真っ直ぐな性格、というアンバランスさが修正されてしまっているのが大きなマイナスになっているんですよね。ひとたびオイロケシーンをやれば(15巻の対ゴメスとか)とてもいいカンジなのに本人あっさり否定、とか。
まあ後は圧倒的な話数の差、でしょうか?
試験もあと一息という事ですので、身体に無理せぬよう、頑張って下さい。

・・・僕もそろそろ就活とか考えないと・・・。

コメントの投稿

非公開コメント

Calender
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Category
Archive Every Month
Search