指定渡棒

製作途中

昨日の夜から描き始めてやっと下描きが終わった。つくづく全身描くの苦手だなあ自分。
期間中に間に合えばいいけど。つまり今夜。




【指定バトン】
※注意
※指定者以外は絶対やらないでください。いつまわってくるかのバトンなので
※回してくれた人から貰った『指定』を『』に入れて答えること

お題は、『バーディー』

Q1.最近思う『バーディー』
遂に“EVOLUTION”スタートしましたね。
わざわざ高2だったつとむを浪人生(予備大生)にしたという事は、予定を変更して40巻(無印合わせて)位まで伸ばすつもりなのかそれとも構想の段階からそうだったのか。何かのインタビューで“30巻位で終わる”と言っていたので(ヤンサン休刊決定前)、仮にヤンサンがつぶれていなかった場合に“春の祭典”編が21巻まで続いたとして、残り9巻分でレビ追走への布石をしてレビ編で完結と考えるとつとむを浪人生にする必要性もそんなに無いのではという邪推ですが、未成年で2年間の差は大きいでしょうと。主人公の環境変化=物理的な掲載環境の変化という転換点を等しくさせる事で新たな読者を取り込むという目論見があるのかないのか。但し浪人生にする事で捜査に対する体の時間的自由が利く、という利点が無いわけでもない・・・。
何はともあれこれからの展開が気になりますな。


Q2.こんな『バーディー』には感動
バーディーと言うよりもつとむなんですが、リーさん宅で千明を助けられなかった時の二人の会話にはちょっとうるっとしました。それまでバーディーに振り回されてばかりだったつとむが、自ら立ち上がる契機ともなったシーン。
20巻でつとむが「君は多分僕のことが無くても~」と話すシーンも感動した。
どうやら僕はバーディーとつとむの会話シーンが好きなようで・・・。


Q3.直感的な『バーディー』
やはり一番に浮かぶのはヤンサン版バーディー。
しかしサンデー版に比べてヤンサン版は大人っぽくなりましたが、中身は逆に子供っぽくなっているような・・・。


Q4.好きな『バーディー』
19巻で、頭飾りから触覚(?)がうにょーんと伸びてるバーディー。“千年の鼓動”編は縦の動きが多くて好きですね。
あとはコミックスあとがき漫画のバーディーも好きです。撮影帰りにシャケを買うバーディーに恐妻家のゴメスに、お腹の穴から夕日が見える氷川。みんな大好きだー!


Q5.こんな『バーディー』は嫌だ
髪の染め分けが逆転しているバーディー。
頭脳明晰なバーディー。

すまんバーディー謝るからクラッシュは止めてくれ頼む・・・!!!


Q6.この世に『バーディー』がなかったら・・・
ゆうき氏の他の作品も純粋に読んでみたいです。


Q7.次にまわす人6人(『指定』つきで)。
アンカーで。


以上“NICE BIRDY!”のOhtsuno様より頂いたバトンでした。
さて絵の続きやろう・・・。

コメントの投稿

非公開コメント

さすが…

お忙しい中、バトン、さっそく受けてくださって、嬉しいですー!!
やっぱり南部さんは、バーディーに対する洞察が深いですね~。
私ってばアニメの方ばっかで。
これじゃあ有田しおん状態だわww
こんなバーディーは嫌だ、の「頭脳明晰なバーディー」、笑っちゃいましたよwww

南部さんの絵楽しみにしてます。

>Ohtsuno 様

こちらこそバトンを渡して頂いて有難うございました。
絵を描く息抜きになったので丁度良かったです。

>バーディーに対する洞察が深い
無い頭を振り絞って懸命に考えてます。

>私ってばアニメの方ばっか
単に僕はアニメをちょっとしか観ていないというのと、後は考察スキルが漫画とか小説ばっかりに特化されているってのもあるんでしょうかね。映画はちょくちょくレビュー(もどき)書いてますが、26分単位のシリーズ物でしかもアニメについて特にそういうことはして来なかったなあ・・・。
暇を見つけてやってみようか。

>「頭脳明晰なバーディー」
サンデー版は結構頭使ってますが、ヤンサン版だともう完全に“私の武器はこの体のみ”ですからね。カペラにも散々馬鹿にされるしつとむのテスト手伝っても役立たずだし。
でもそんなマッチョバーディーが好きです。
Calender
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Category
Archive Every Month
Search