赤夢迷宮

ついさっき勇嶺薫の『赤い夢の迷宮』を読了。因みにこの作者は“はやみねかおる”の名前で児童書(主に推理物)を書いています。

もう吐きたくなるほど面白い。似たような話としては『機巧館の数え歌』が挙げられますが、その比じゃない。確かに大人向けの小説じゃないといかんだろうなこれは。
なまじ文章が児童書の時とそう変わっていないから、余計に気持ち悪いです。それが良いんですけどね。
何かこう、喉が渇いている時に、烏龍茶だと思って一気に飲んだらウィスキーだった、みたいな。いやー、あれはマジで死ぬかと思いましたよ。

癖になる面白さです。どれか一冊、はやみねかおるの児童書を読んでから読むと、更に恐ろしいですよ。

赤い夢の迷宮 (講談社ノベルス)赤い夢の迷宮 (講談社ノベルス)
(2007/05/10)
勇嶺 薫

商品詳細を見る

コメントの投稿

非公開コメント

Calender
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
Category
Archive Every Month
Search