幻城散象

神がいない。

わたくしの、この毀れそうな身体にも。
まっさらでとても大きな、あの空にも。

神が居られないのです。

夢を手挟み、光ある靴を履いて、わたくしは向かいます。
何処とは知れぬ、それであっても行かねばならない所へ。

光より速く。
刻より遅く。

この双手が翼であればこそ。
この魂が無限であればこそ。

神よ、貴方のおわします御所へ。


現にたゆたう貴方よ。





只今ニートへまっしぐら。
引き篭もりになりそうです・・・。

コメントの投稿

非公開コメント

Calender
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
Category
Archive Every Month
Search