冲方攻殻

攻殻ARISE、2回目を視聴してきました。
1回目よりは落ち着いて見られるかなと思いましたが、結局「ウワアアアアアトグサがシャベッタアアアアア」とか「パズが純粋無垢な顔してるカワイイイイイイ」とか「ロジコマぎゃんわいいいいいいい」とか四六時中そんな感じでした。はい。

攻殻機動隊という作品は様々な人たちによって翻訳されてきた作品で、それゆえどの作品も「攻殻らしさ」と「翻訳者らしさ」が同時に感じられる中々稀有な作品だと思うのですが、今回の攻殻機動隊ARISEも例に漏れずちゃんと攻殻攻殻してるのにウブチンらしさも残ってて、その辺り攻殻もウブチンも大好きな僕にはまさにご馳走ですじゅるり。大変美味でございました。

個人的には「財布を開く度にサインする立場に耐えろと?」という三佐のセリフや最後の記憶を消すシーンがすごくウブチンっぽさが出てたんじゃないかなと思います。特に前者は「三佐(少佐)の義体は国のもので、死んだら義体を返還しないといけない」という(或いはそれより雁字搦めな)現状を表してて大好きです。あのシーンを見る為に何度も映画館行ってもいいです。嘘ですトグサ君とか純粋パズ君とかも見たい。ロジコマきゃわいい。

残り1枚は来週の丁度上映最終日に使おうと思います。
スポンサーサイト



Calender
05 | 2013/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
Category
Archive Every Month
Search