犯人特定

夏コミ原稿に飽きたので上映初日に買ったまま放置していた攻殻ARISEのBDを見つつマムロ中佐を殺した犯人の答え合わせをしてみました。

初日に劇場で見た時は犯人は分からなかった、というかぶっちゃけどうでもよくてただ9課の初々しい姿を眺めてヒャッハー!!!してるだけだったので全然気になりませんでした。
その後、冲方サミットアカウントの以下のツイート



に、「答えを知りたかったらBD買ってね商法かよ」「映画内で全て描き切るべきだろ」とモニョモニョしてる人達に対して自分がモニョモニョしてしまったので、「それなら本当に映画だけで犯人がわかるかわからないか試してやろうじゃないか」と実践してみました。

結論としては、割とあっさり誰が殺したのかは分かると思います。以下の3点に気付くかどうかが鍵ではないでしょうか(ネタバレ回避の為以下伏字)。

部長の「草薙三佐の所持している銃がマムロ中佐殺しに使われた」という台詞
回想シーン、射殺直後の中佐に有線した三佐が、中佐の手に握られた銃を回収している様子
三佐の「何故中佐を見殺しにした」という台詞

飽くまで「明示してある」のが劇場版BD限定特典のシナリオブックであるというだけで、ちゃんと映画内でも暗示されていると思います。

あと、「映画で全て描ききるべき」という意見はもっともだと思うのですが、「一から百まで描く(明示する)のが作品ではない」と僕は思います。今回の攻殻ARISE border:1のメインで描かれるべきは「501機関という殻から抜け出す少佐と、初めて出会う9課のメンツ」であり、マムロ中佐を直接手にかけたのが誰かはこの映画に於いて些末な問題だと思うのです。それこそ犯人は三佐の放った「あなたたちが中佐を殺したの」に集約されるべきであり、直接描写がなくてもそれで映画の質が落ちるような事はないのではなかろうかと。むしろ重要なのは「誰が殺したか」よりも「どうして殺されたのか」だと僕は思うし、そこの部分はちゃんと説明されてるので何ら問題ないと思います。

さてこれで無事に犯人も特定できたので、残り2枚の前売券(アニメイトの4枚綴り前売券とバンビジュ限定版のDVD&ポスター付前売券)を早く処分しなくてはですね。
早速明日辺りにでも行こうかな。


♪だーれがころした くっくろーびんっ
スポンサーサイト



Calender
05 | 2013/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
Category
Archive Every Month
Search