スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

入稿完了

黒化本文

なんとか脱稿致しました!

本当は表紙をマットPP加工したかったのですが、そのオプションを付ける場合、締切りが12月の28日だったそうで・・・知らなかったし知ってたとしても間に合う訳がないので意味ないんですけどね・・・。マット加工したかったな・・・。
そして背景迷子が壮絶です。というか殆ど描いてません。元々人物以外が下手で滅多に描かない上に時間が足りなさ過ぎました。ホント話の内容分かるのかしらっていうレベルです。分からなかったらごめんなさい。

ここ暫く疲労と栄養不足とストレスでアトピーが半端なく酷いです。全身掻き傷出血かさぶた粉だらけです。
インテまでに治るといいな・・・。

さて新刊のおまけを考えつつ、年賀状リクイラストの消化をしていきますか。
スポンサーサイト

生存新年

謹賀新年あけましておめでたい(そういえば新年の挨拶してなかった的な意味で)

9日のインテ&アルトネオフ会に続き、13・14日の東京異次弦空洞から帰ってきたらまさかの風邪でダウンですよ。9日から若干調子がよくないなーと思っていたのですが、14日のライブ会場で咳をしきりにしていた人がいたので、多分その人から本格的に移されたんだろうなと思います。
現在は頭痛と関節痛も引き、一昨日なった中耳炎も治まってきてこうして起き上がって日記を書くまでに回復しましたが、まだ長時間起き上がるのは無理みたいです。熱はないのに頭がクラクラするのってどうしてなんでしょうかね。

という訳で、もうちょっと風邪がよくなったらアルトネオフ会とライブの感想と、あとティリアドラマCDのレビューに当選したのでその記事も書きたいと思います。

支援評価

まずはサポーターズレビューに選んで頂き、有難うございます。
この大任を上手く果たせるか心配ですが、出来る限り熱く語っていければと思います。
それではティリアドラマCDについて、ネタバレギリギリ回避のレビューをば。


【総評】
パッケージイラストからも分かる通り、前2作からもキャラクターが多数登場している為か、全体的にはサイドヒロインよりもサイドエクストラに近い印象。
前半は他キャラとティリア・アオトとの掛け合い、後半はティリアとアオトのいちゃいちゃらぶらぶをメインに、オリジンの姉妹愛がエッセンスとして全体に盛り込まれている感じ。
今までもキャラEDの後日談でしたが、サキやフィンネル以上にEDに直接関わる内容が盛り込まれているので、殆ど本編のネタバレに近いのが若干ネックでした。まあ、逆に言えばティリアEDクリアした人ならかなり楽しめる内容ではないかなと思います。
あと取り敢えずアオトは100回くらいもげろ。


【キャラ】
今回ドラマCDオリジナルのキャラクターは無し。が、懐かしの某あの人とあの人が初の声付きで登場します。誰かはパッケージのキャスト欄を参照のこと。
そして今回注目すべきはキャラクターの年齢。アルトネ3本編から8年、2本編からは10年、1からはなんと12年の年月が経っているので、キャラクター達もそれ相応の年齢になっています。因みにルカとオリカは29歳、クローシェ様は27歳という事に。なんという若作・・・ゲフンゲフン。
シュレリア様は今回迷子キャラは発動しませんでした。まあ発動してたらほとんど登場出来ないので当然ですよね。
フレリアは相変わらずの天然ぷりで、一々突っ込みを入れる瞬ちゃん共々ほほえましい雰囲気でした。このリア獣め。
オリカのネーミングセンスも相変わらず。そしていい年して「美少女」・・・おっと誰か来たようだ。
ミシャは高所恐怖症の割に地表に降りずにほたる横丁で暮らしてるんですね。ところでその衣装だとパンツ見えるんじゃ・・・おっと誰か(略
さーしゃは安心のいい子です。それに涙するクローシェ様マジお母さん。そしてさりげなくお姉ちゃんなルカがたまらんです。
アオトは微妙に空気扱いされてたのが反動で後半すばらしきいちゃいちゃぶり。
ティリアは第1塔と第2塔の観光を楽しみつつも、所々で悩む姿が可愛かったです。


【脚本】
話はアルトネ3から8年後の世界。
3年前に第3塔が消えた事を受け、姉達が住む第1塔か第2塔に引っ越す先を決めよう!と下見に出かけるティリアとアオトのお話。
前述の通り大きなストーリーはなく、随所にちりばめられた小ネタを楽しむ内容・・・と思わせて、随所に考えされられるエピソードもいくつか入っています。
その一つが「故郷」。確かに新しく住む場所が決まっても、中々離れがたく、そしてなくなってしまうと悲しいもの。そんなアルトネ2本編でも触れられた内容が、またちょっと出てきたりもします。
それに付随して、オリジン同士のお互いを想い合う気持ちも聞けたりして、なんだかとってもハートフル。
小ネタの方は、1からも2からも出てくるので、過去作をどちらもプレイしている人には正にファンサービスなCDになるかと思います。某懐かしのアレに間違えられる瞬ちゃんと、某Tシャツと某ゲロッゴが個人的にはオススメ。
そしてちゃんと最後にティリアとのいちゃいちゃを決めるアオト。もげろ。

最後に、ジャクリは偉大だった。


以上です。時間があまりなかったのであまりちゃんと書けませんでしたが、精一杯書かせて頂きました。

最後に、今回は当選ありがとうございました。重ねてお礼申し上げます。
Calender
12 | 2011/01 | 02
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
Category
Archive Every Month
Search
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。