劇場補完

最近、“エヴァンゲリヲン”の劇場版公開にあわせて色々な所でキャンペーンをやっているみたいですね。
我らが“ゴーストの囁き”の課長様はエヴァンゲリヲン好き(というか綾波好き?)を公言して憚らない方ですが、嬉し忙しのグッズ集めな日々を過ごされているのかなとか、キャンペーン告知を見る度についつい思ってしまいます。

なんでもローソンでの関連商品取り扱いに加えて、ファーストフード店(ロッテリアだったかな・・・)で繰り返し使えるカップをドリンクとセットにしたり、箱根でエヴァ仕様の観光マップを無料配布したり、無料配布のフリーペーパーを刊行したり、携帯電話が出たり・・・。ざっと僕が知っているだけでこれだけあるので、全部を集めるのってそうとう大変ですねきっと。

で、残念な事にそうした“限定品”が発売(配布)されると付いて回るのがブローカー。箱根の観光マップや携帯電話は既にネットオークションに出品されているそうです。
無料の観光マップを売りつけたり、使う気が無いのに携帯電話を買ったり・・・こういうのって“他人のフンドシで相撲を取る”って言うんですよね。恥ずかしくないのかな・・・?
因みに、箱根観光マップの方は望む人全員が入手出来るよう、増刷や遠方への郵送も考えているそうなので、わざわざオークションに手を出す必要は無いみたいですよ。携帯電話の方も発注量を増やすとか。

しかしこういうものを出品出来ないように、オークションサイトの方で調整出来ないのかしら。発行・製作元から指摘が出来るようにして、指摘を受けた商品は全て出品不可、とか。で発売・発行から1年とか経ったら解除する。そうすれば逆にアンティークもののフリーペーパーは出品出来るし。
スポンサーサイト
Calender
05 | 2009/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
Category
Archive Every Month
Search