雀躍鶯鳴

なにやら方々でバーディーの話題を目にし、我が事のように嬉しい南部です。
今まではファンサイトとか全くなかったけど、これをきっかけに増えてくると嬉しいな。

余りにも忙しいのでとりあえずの感想。

・鉄腕バーディーDECODE
全体的にデザインがポップですね。キャラとか宇宙船とか宇宙服とか。原作のちょっとグロいデザインの方が好きですが、これはこれで有りな気がする。
バーディーとテュートの声がイメージしてたのより若くて、ポップなデザインとよく合っていると思いますよ。
因みに南部の想像していたテュートの声は玄田哲章氏とか中嶋聡彦氏とか。50代の紳士みたいなのを想像してたんですがね。

・攻殻機動隊2.0
ううーん・・・。音は迫力があって良かったんですが、セル画と3Dの混ぜこぜがちょっと違和感あり。いっその事全部描き直すかせめてタチコマのように3Dをセル画調に直して織り交ぜた方がよかったんじゃないかと。セル画部分が手抜きに見えて仕方ない。小説を読んだ時に推敲の跡がはっきり見えているような感覚でした。
声に関しては、僕個人の意見を述べるならば前の方が良かったです。9課の人たちがどうしてもSACベースに喋っているように聞こえてならない。そして人形使いのこれ見よがしな女性口調もいまいち。海の上での台詞がまるで生まれたばかりの赤ん坊のような声に聞こえたので、ずっとそれを通してくれればある意味“THE GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊”と対を成す作品に仕上がったのにと思いました。

スンマセン支離滅裂なのでまた書き直します・・・!
スポンサーサイト



Calender
06 | 2008/07 | 08
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Category
Archive Every Month
Search