スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

弐零零柒

和装新年


明けましておめでとう御座います。
一年の祝賀を謹んで申し上げます。


というわけで、2007年も“鉄砲玉の哀愁歌”並びに“南部新の徒然偏り日記”をどうぞ御贔屓にお願いいたします。

“一年の計は元旦にあり”という事で、今年の目標をここで掲げたいと思います。

 ・日記の更新は週4回以上行う
 ・画力、文章力の向上(これは毎年の事ですが・・・)
 ・語彙をもっと豊かにする(逆引き辞書を切望する毎日だったので・・・)
 ・最悪でも“黒い羊、白い夢”を後半まで書き上げる

・・・がんばります。

今日はこれから恵方参りに行ってきます。では。
スポンサーサイト

太刀狛連

タチコマ コレクション (BOX) タチコマ コレクション (BOX)
(2006/12/28)
オーガニック

この商品の詳細を見る


遂に届きました。
1BOX10箱入りを1つ注文。
喜び勇んで開けてみたら、サプライズが2つ。

 其の一 フルコンプできませんでした・・・。タチイエローだけが出なかった!!
 其の二 ボーナス・パーツの陸自アームスーツの脚が、右足2本になってました・・・。しかもフィギュアを全部内袋から出した後だったので、どのタチコマに脚パーツが付いていたかわからず、交換に出せない・・・。正月が開けたら電話で聞くつもりです。

と言うわけで、緊急にトレード希望。
<希望>
・タチコマコレクション タチイエロー(ボーナス・パーツ付き厳守)

<提供>
・タチコマコレクション タチコマ 1st ver. ×2
・同          タチコマ 2ndGIG ver.
・同          タチコマ 2ndGIG ガトリングver.(シークレット)
全てボーナス・パーツ付き。外箱のみ開封済み、内袋未開封。

どうぞよろしくお願い致します。

紋様文様

僕の場合、“一年の計は元旦”じゃなくて“正月にあり”だと思うのです・・・。

またも放置・・・。しかも一気に2週間・・・。
す、すみませ・・・ん・・・。
1月の7日位になってから1月にある締め切りを沢山思い出しまして、課題にずっと追われていました。
取り合えず今日一息つけたので、久々に自分のサイトへ行きましたよ・・・。情けない。
元日に“週に4回以上日記を書く”とか宣言していたくせに、何でしょうこの様は・・・。
今度からもう少し余裕を持って課題に取り掛かろうと思います(と何度提出の際に思った事か・・・)。
もう暫くしたらアップしていない記事も掲載しますので少々お待ちを・・・。

今日は最後の山場である課題を提出した後、暇だったので熱田神宮に参拝して来ました。
宝物館で新春特別展示をやっていたので早速拝観(←博物館・美術館好きな人間)。
テーマは「文様の美」。
古くは後・晩期の縄文土器から江戸時代の舞台衣装まで、様々な“文様”に関する資料が展示されていました。
中でも結構面白かったのが“家紋の始まり”に関する考察です。
平安時代、誰が乗っているのかを判りやすくする為に牛車に独自の文様を描いたのが起源であるという事でした。
それから鎧に描かれたり、合戦幟に描いたりして段々形が決まっていったんだとか。

物はついでと、CD屋にも行って来ました。

パイレーツ・オブ・カリビアン デッドマンズ・チェスト オリジナル・サウンドトラック・リミテッド・エディション(2万枚限定生産)(DVD付) パイレーツ・オブ・カリビアン デッドマンズ・チェスト オリジナル・サウンドトラック・リミテッド・エディション(2万枚限定生産)(DVD付)
サントラ (2006/07/19)
エイベックス・マーケティング・コミュニケーションズ

この商品の詳細を見る


ぬあ~!遂に発見!
これで“パイレーツ・オブ・カリビアン”のサントラは全部揃いました。
まだ聴いて(&観て)ないので、感想はまた明日に。

未見果夢

火拳乃男


唐突ですが、“ONE PIECE”より“火拳のエース”ことポートガス・D・エースを描いてみました。
本当はほぼ全身のもっと大きな絵だったのですが、日記の升に入りきらなかったのでばっさり切りました。
これが実質初めての“ONE PIECE”のイラストになりますね。

で、何故急に今まで描いた事のない漫画のイラストを描いたのかと言えば、昨日の日記にも記した“パイレーツ・オブ・カリビアン デッドマンズ・チェスト”のサントラを今日一日延々聴いていて、しかも“ONE PIECE”まで読み出したものですから、気分はもう海賊!という訳です。

昨日予告した“デッドマンズ・チェスト”のサントラ感想。
まず全体的に、第一作目に比べて“ディズニー”色が強まった感じがしました。
例えば、最初に映画館で観た時も思っていたんですが、ボーン・ケイジのシーンにかかる“ディナーの席”という曲はどう聴いてもメリーゴーラウンドの曲に聴こえてしまいます。
その可愛らしさと“ボーン・ケイジ(人骨で出来た檻)”や“逃げなきゃ喰われる”という切羽詰った状態が、凄まじいまでのギャップを生み出していて、そこが僕は好きですね。タイトルからして物凄いブラックユーモアですし。
また今作の敵役となるディビィ・ジョーンズのテーマ曲は、地(海)の底から這い上がってやって来る化物に相応しい、低音域の広がった音楽になっていますが、その中にどこか寂しい、物憂げな雰囲気が流れてきて、ディビィ・ジョーンズの恋に破れた哀しみ、というのが非常に上手く表現されていると思います。

最後に、CD2枚両方に付いているボーナストラックですが、個人的意見を述べるならばCD-2の方は3曲全ての区別がつかなかったです。全くテイストの異なる曲調で編曲して欲しかった・・・。
その点ではCD-1はかなり差があって面白かったです。

収集三昧

今日はフィギュアショップが多く立ち並ぶ名古屋は大須商店街に行って参りました。
まずは戦利品の羅列から。

深海探査


Dydo・MIUのおまけに付いていた“深海生物フィギュアコレクション”の特別版・深海探査スーツ全3種です。
前々から目に付いてはいたんですが、中々購入するきっかけも無く、今回ようやく購入に踏み切りました。
まあ1,500円だったので手ごろだったんじゃないかと思います。

蓋上人形


その他の戦利品。
左端から
 ・HGIFガンダムキャラクターズ5のラクス・クライン
 ・バードテイルズ1のオオルリ
 ・ズーラシアランチ・ジャングルクラッカーのドゥクラングール
 ・黒潮コメッコ~黒潮の魚たち~第2弾のケンサキイカ
 ・チョコQのマンチカン2種

ガンダムキャラクターズは何とカプセルスタンド(と言えばいいのでしょうか)を一回回しただけで目当てのラクスが出て来ました!吃驚!
でも実はガンダムキャラクターズ4の時もそうだったので、まあそう珍しい事ではないんですが。
ただ、画像は無いですがこれ以外にも“ご当地ピンズ”なる物を弟に頼まれて、以前沖縄物産専門店の前に見付けた沖縄限定版のカプセルスタンドを時折回しているんですが、これまた1回目でシークレットを命中させました!因みに絵柄はイリオモテヤマネコの描かれた道路標識!ああっ、僕が欲しいじゃないですか!(←極端な猫好き)
余りにも当たりを引きすぎて、何だかちょっと嬉しいような怖いような・・・。何しろ生まれ付いてのくじ運の悪さですから。
まあ、その後3回回したら全部ダブった、と言うオチは正しく僕らしいですが。
Calender
12 | 2007/01 | 02
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
Category
Archive Every Month
Search
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。