スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

切実希望

実はスキャナを実家に置いてけぼりにしてしまっておるのですが。

い~つまでたっても~、絵がアップ出来なぁ~いのよぅ~。

そろそろ自分で買ってしまおうか、と思念中。
実家にあるヤツも結構古い型だからなー。

というわけで、どんなスキャナがいいのか、誰か教えて下さい(かなり切実)。

以上、本当はかなり機械音痴な南部でした。
スポンサーサイト

弥勒菩薩

常々思う事の良し悪しに感けず攣れ綴る。
其の肆 頽滅の微笑


現在特別拝観している法隆寺と薬師寺へ行って参りました。
まずは法隆寺。
夢殿の本尊・救世観音を、この眼でしか、と拝ませて頂きました。
薄暗かったので、多少観づらかったですが。
とても美しいお顔をなされておられました。はい。
今回は期間限定の夢殿本尊公開とは別に、法隆寺の秘宝展も行われていました。
眼福です。
続いて薬師寺。
吉祥天像を始め、様々な大宝蔵殿所蔵の品を拝観。
吉祥天像は日本史や美術の教科書に掲載されている事が多いので、知っておられる方も多いのではないかと思います。

さて、ここらで本題を。
仏像や仏画など、1000年程も前に作られた物達は、現代では当たり前ながら薄汚れ、色褪せ、中には破損しているものもあるわけです。
傍から観れば(罰当たりな台詞ですが)明らかにガラクタの類であろうそれらは、しかしながら我々の眼を、心を捉えて離しません。
我々は、色褪せたそれら美術品に、“真の美”を見出すのです。
何故なのか。

ここで僕個人の意見を取り入れるならば、例えば1000年の年を経た仏像と、それを過去の煌びやかであったろう時代から持ってきたものと並べて、“どちらがより美しいと思うか”と尋ねられたら、迷う事無く1000年来の古ぼけた仏像を選びます。
当時は豪華絢爛であったものより、朱や漆、箔などが剥がれ落ちて所々にしか残っていない様なものの方が、僕にとって魅力的なのです。

万人が僕と同じ考えを持っているとは思っておりませんが、“時の与える頽敗”に心を揺さぶられる方は少なくないのではないでしょうか。
そもそも仏教的美術品は信仰心の具現化であると同時に、(造立を命じた者の)権力・財力の誇示材料でもあったわけです。
だからこそ、贅沢の粋を集めた朱塗り、漆塗り、箔押しなどの行程が存在する。
端的に言ってしまえば、信仰の為だけであるならば、荒削りの木像でも、筆一本を走らせただけの絵であっても構わない筈です。
しかしながら、それらは仏教的“美術品”と呼ばれ、視覚的な“美”を追求しています。
そのままであるならば、これらもまた只の“美術品”としてそこに存在するだけで終わったでしょう。

その、只の“美術品”がそのままで存在せず、今尚信仰心を集めているのには2つの事柄が深く関わっています。
第一には、先程述べた様に“物質的に風化している”という事が挙げられます。
風化してしまった事によって、(“信仰”という事から言えば)本来不必要な行程の部分が殆ど削ぎ落とされ、必要最低限の本体だけが残されました。
そして“美術品”としての価値から開放され、本来あるべき所に戻ったわけです。
そして第二には“過去の信仰心の積み重ね”が挙げられます。
1000年程も昔のものが、壊れて消えてしまう事も無く今日の我々の観る所となっているのは、偏に昔の人々がそれらを守り、慈しみ、大切に思っていたからこそです。
我々は、仏教的美術品を、過去の人間の信仰心と共に拝み、奉っているのだと僕は思うのです。

睡眠不足で少々高テンションになっていますと思われます・・・。

不動明白

“名探偵コナン 探偵たちの鎮魂歌(レクイエム)”観てきました。
やー、コナンの映画ももう10作目ですか。毎年作っているわけだから、10作目=10周年という公式が成り立つわけです。
流石節目の作品の事はあります。
一番の驚きは、やはり白馬探(“まじっく快斗”に登場する怪盗キッドのライバル・“名探偵コナン”にも登場)が至極フツーに登場した事でしょうか。でもあっという間に(というか有耶無耶の内に)いなくなってしまった・・・。一体何だったんだーっ!
今回はそういう“わかる人にはわかる”的な(内輪ネタとでも言えば良いのか)箇所が結構ありましたね。まあ、いつも全く無いわけではないのですが。
そして、本編では語られなかった謎が二つあります。(限りなくネタバレに近いため伏字)

 謎其の一:何故園子のIDパスにペンキが飛び散っていたのか。
 謎其の二:ストーリー後半、怪盗キッドは誰に化けていたのか。

これは我々視聴者に対する挑戦状なのか、単に僕が気付いていないだけなのか、果たして真相は・・・!

映画のチケットを購入後、暇潰しの為に買い物~。

 『ナルニア国物語 第一章 ライオンと魔女』byC.S.ルイス
 コトブキヤ ワンコインフィギュアシリーズ “うしおととら”×2

因みに、フィギュアの中身は

 ・蒼月 潮
 ・シークレット(鏢)

でした。やりましたー!シークレットが出ましたー!
シルエットから鏢である事は判っていたので、何としてでも欲しかった1品・・・!
藤田和日郎氏の描くキャラクターは全員好きなのですが、中でも鏢と紫暮は格好良いですよねぇ~。女性だったらかがりかな。
あと残すは白面の者と、雷信&かがりですね。うっしゃぁ!フルコンプ目指してがんばるぞぉぅっ!

赤兎脱兎

実像虚偽


久しぶりに絵を描きました。ふい~疲れたぁ~。
ダダッと下描きをして、ずずいとペンを入れて、ドバババッと色塗り。
ほぼ一色で塗り上げるというのがすごく楽しいです。
因みに、日記タイトルは英字とは全く関係ないですからねー。

新情報ゲェット。
ななな何と!攻殻S.A.C.の新しいコレクションフィギュアが出るそうです。
ラインナップはこれ又何と!全てタチコマとか。
うっひょ~い。
今年の夏位に出るそうな。
発売元はオーガニックという会社。
早速皆さんチェックだぁー!

踏切事故

今日、毎日利用している私鉄で踏切事故がありました。
お陰で家に帰れなくなる所でした。危ない危ない。
何しろ僕の下宿している町は、その私鉄の駅以外、本当に何にも無い所なのです。
近くのバス停には一日3本来るか来ないか。
JR線が代行運転を行うという事でしたが、近くにJR駅は勿論ありません。
この家に、自転車とか自動車とかいう気の利いたものもありません(それ以前に運転手がいない)。
あとはもう、ひたすら歩く!歩く!!歩く!!!
一駅前でようやく事故現場が開通になり、むしむし&じめじめの中を歩かなくて済む事になったのはとっても有難かったです。

その私鉄では4月の末まで“踏切事故防止運動”を行っていた事もあり、何という皮肉なのだろう、と少しばかり考えされられてしまいました。

課長直属

秘書室長



ちょっとばかりやってみたかったネタ。
少佐×秘書!
・・・いや、そうでなくて、2ndGIGのDVD8巻表紙の少佐の衣装の全体像はどんな感じだろうと描いてみたら、ファッションセンス皆無な僕の事、見事にへーぼんなスーツになってしまったんです。とほほ。
このままではもったいないので、この衣装で少佐に秘書をしてもらおうと。
勿論課長のですよ。
オプションで課長とお揃いの眼鏡が付きます(嘘です)。

美非華花

本日の買い物内容~。

 スキャナ(中古)
リリアとトレイズ〈4〉イクストーヴァの一番長い日〈下〉 リリアとトレイズ〈4〉イクストーヴァの一番長い日〈下〉
時雨沢 恵一 (2006/05)
メディアワークス

この商品の詳細を見る

XXXHOLiC 1 (1)    KCデラックス XXXHOLiC 1 (1) KCデラックス
CLAMP (2003/07)
講談社

この商品の詳細を見る

そして家に辿り着く前に『リリアとトレイズ』は読み終わりました。早ッ。
まあ、40分程もあればちょろい(←死語)かな(無駄に格好付けてみる)。

遂に!念願のスキャナを購入。新しい型が安く出ていたもので。
ノートパソコンと同じ位の薄さというのも大きな利点。
さあ、これからドライバのインストールで頭はスポンジだーッ!(半ば自棄)

銀色円盤

注文していたのを本日ようやく手に入れました!

 “攻殻機動隊STAND ALONE COMPLEX O.S.T.2”
 “be Human”
 “GET9”

まずはO.S.T.2を堪能中。やー、やっぱり攻殻S.A.C.の音楽はとても格好いいですね。“音楽から攻殻にハマった”という方がいるのも頷けます。

そういえば、アニマックスオンラインショップ限定生産のタチコマ目覚まし時計が遂に受注開始だそうですよ。
今までに購入希望をしていない方でも予約OKだそうなので、皆様是非どうぞ。

獅子咆哮

‘獅子咆哮弾’という技が“らんま1/2”にあったので(本文と全く関係なし)。

今日は飛鳥資料館に行き、キトラ古墳の白虎の壁画を見て来ました。
叔父貴が行くというので、“僕も行くぞー”と付いて行ったわけであります。
生憎の雨で少々大変でしたが、そう思うのは誰でも同じ様で、あまり混雑はしませんでした。
入館券に至っては、全く並ばずに買えましたし。
流石に壁画を見る場所は列が出来ていましたが、それでも20分も待ちませんでした。
叔父貴の話では、ある遺跡の現説で2時間以上待った事に比べれば屁でも無いという事です。
そして早速御対面。

・・・あんなにはっきりと残っているとは思いませんでした。
本当に鮮やかで、筆の痕跡がくっきりと見えるんですよ。
特に、顔から前足にかけてが凄く力強くて、“流石は四神だけの事はあるな”と思わず感嘆。

その後、飛鳥寺にて日本最古の飛鳥大仏を拝み、そのまま万葉文化館へ。
ここで、キトラ古墳壁画公開に合わせて富本銭の公開が行われていました。
“本物の富本銭だー”と喜び勇んで探したら、こじんまりと5,6枚展示してある程度でした。
何だよーどうせ山の様に発掘されているんだから出し惜しみするなよーと少々ブツクサ。まあ、国宝級のものだから、1枚観られただけでも有難いのですが。

ちょこっとクイズ。
先程述べたキトラ古墳や、同じ飛鳥にある高松塚古墳は、石室の壁に絵が描かれている事で有名ですが、では、この絵は石室を組み立ててから描いたものなのか、それとも描いた後に組み立てたのか、さてどちらでしょう?!
答えは“続きを読む”にて。
注:これについては諸説ありますが、初歩的な事を考えれば、可能な方法は一つなんですね。

続きを読む

戦隊英雄

只今タチコマ追悼盤の“be Human”を鑑賞中。

てか、パッケージには書かれていないのですが、なんと、あの“AI戦隊タチコマンズ”の歌が入っているじゃないですか?!
うっひょぉ~い。
いままで判らなかった部分の歌詞が、ようやく判りましたよ。
あれ、“笑い上戸で涙もろい”って言っていたんですね。
“笑い上戸”まで当たってました。

個人的には“タチコマの生態系”の時のBGMがツボです。
似たようなネタをウィーンフィルが今年のニューイヤーコンサートでもやっていたような・・・。

タチコマファンは必聴の一品です。

徒然行脚

下絵其壱


久しぶりに気合を入れてでかい絵を描こうと思います。
公安9課メンバー全員を投入する予定。
まずは少佐です。

思ったよりも描画力が落ちているなぁ・・・。

不磨錆腕

下絵其弐


現在の進行状況。
・・・中々進みません。ここの所、殆どまともな絵を描いていないもので。
ちょっとばかり中断して、また基礎から始めるかなぁ・・・。
イシカワが描けなくなったのはちょっとショックだった・・・。

手毬小唄

本日の購入本。

都会のトム&ソーヤ(4) 四重奏     YA! ENTERTAINMENT 都会のトム&ソーヤ(4) 四重奏 YA! ENTERTAINMENT
はやみね かおる (2006/04/25)
講談社

この商品の詳細を見る


弟に“出たぞ~”と教えられ、“何ぃ~!”と慌てて購入しました。
やはりはやみね氏の作品は面白いです。
そして奥深い。
何しろ児童書でありながら大人までしっかり読めてしまう位ですから。

どうして大人から子供まで愛読されているのか。
それは、はやみね氏の作品にはどれにも“コドモ”という存在があるからなのだと僕は勝手に解釈しています。

“コドモ”――。
闇の怖さを知り、世界の矛盾に“どうして?”と問い尋ねる存在。
既に成熟した“オトナ”という人間とは全く異なる世界を生きる者達。
それが、はやみね氏の小説の根底にあるのだと思うのです。
夢水清志郎然り、クイーン然り。
『トム&ソーヤ』では竜王創也と内藤内人がそれに当たります。
その“コドモ”を求めて、はやみね氏の小説を読むのかもしれません。

一瞬永久

あああああああーーーーー!!!!
やっ、やってしまった・・・・・・!!
CD-RWに保存しておいた僕のサイトのデータが・・・全て消えました・・・。
“燃え尽きたぜ・・・真っ白にな・・・”なんて、冗談やってる場合ではありません。
只今オンライン上に残っているデータを採取中ですが、オンラインに載せていない情報とかもあるからなあ・・・。
取り敢えずそんな訳で、暫くごたごたしそうです・・・。

本頁棲虫

おととい昨日と本をばさばさ購入。

ダ・ヴィンチ・コード(上) ダ・ヴィンチ・コード(上)
ダン・ブラウン (2006/03/10)
角川書店

この商品の詳細を見る>

ダ・ヴィンチ・コード(中) ダ・ヴィンチ・コード(中)
ダン・ブラウン (2006/03/10)
角川書店

この商品の詳細を見る

ダ・ヴィンチ・コード(下) ダ・ヴィンチ・コード(下)
ダン・ブラウン (2006/03/10)
角川書店

この商品の詳細を見る

マルドゥック・スクランブル―The First Compression 圧縮 マルドゥック・スクランブル―The First Compression 圧縮
冲方 丁 (2003/05)
早川書房

この商品の詳細を見る


この所また文庫本欠乏症に陥った模様。
『ダヴィンチ・コード』は、最近話題になっていたので避けていたのですが(要するに単なるへそ曲り)、とある方から“ミステリーとしても、美術としても、宗教としても面白いから読んでごらん”としきりに勧められ、“そこまでいうなら”と読み始めました。
そしたら面白いこと面白いこと!
元々僕は、キリスト教徒の方には無礼な事を申しますが、“キリスト教”という概念に懐疑的な人間なのです。
日本古来の“八百万の神々”という概念がとても好きなので、一神教というものがどうもぴんと来ない。
しかも、その教徒は“愛と平和”を語っているくせに、平気で魔女狩りだの、他宗教を廃絶しようとしたりする。
勿論全てのキリスト教徒がそうだとは言いませんが(現に日本のキリスト教徒はむしろ虐げられて来た方ですし)、でもキリスト教は決して“最高の宗教”ではないと僕個人は思うのです。
この作品は現在映画化され、世界中で上映されていますが、上映に当たって様々な所から圧力を受けたらしいです。
映画の端々に“これはフィクションです”と入れろ、と言われたり、上映する映画館にデモが集まったり。

キリスト教がどれほど素晴らしいものであったとしても、盲目的になってしまっては何の意味も持たないのではないでしょうか。

静眠古龍

豊橋市が市制施行100年と言うことで、様々な催しを行っている模様。
本日はその中の一つを堪能して参りました。
愛知万博でその名を世界に轟かしめた“ユカルギのマンモス”が、豊橋市の自然史博物館にて特別展示されるという事で、しっかり堪能してきましたよ。
凄かったぁ。
何せマンモスが滅びたのはつい最近の事、元々化石としての年代も非常に新しいので、結構良い状態で発見される事は結構少なくありません。
しかし、ユカルギのそれは・・・何と言いましょうか、とても活き活きとして、今にも凍りついた瞼を持ち上げてその瞳をこちらへ向けるのではないか、と思われる程でした。
以前アンデスの山奥で発見された少女の凍結ミイラがありますが、保存状態は殆どあれと同じであると言えます。

その後、常設展示の方を堪能。
中々楽しめましたよ。
やはり“地球大進化”に夢中になっただけの事はありますね。
小学生の頃に自然史博物館(群馬の方ですが)に行った時には気が付かなかったような事も、今回は“ふんふん、なる程”と頷けるようになったのですから。
これだから勉強は止められないです。

実はマンモスの化石は、学術調査以外にもう一つ、利用法があります。
現在一切の収獲が禁止されている象牙に代わって、新たな象牙細工の材料としてマンモスの牙が利用されているのです。
マンモスに関する学術調査が進み、沢山出てくる化石をそんな風に使う事が出来るようになったからだとか。

堕地天使

篇変化壱


風。
ひゅおうと、吹く。

それはまるで鳥の様に。


へんかのないじんせいは、それはそれで。



レポートが溜まって地獄です。

中日列車

小龍之図


・・・とまあ、朝から良い物を見てしまったわけであります。
名古屋市営地下鉄の名城線を走る(それ以外の線でも走っているのだろうか?)中日ドラゴンズ一色の電車です。
“良い物”と言ったのは決して僕が中日ファンだからではなく、この電車の本数が非常に少ないからなのです。しかも走る時間も不確定だとか。
因みに、写真のキャラクターは中日のマスコット“小龍(シャオロン)”です。これは中々格好良くて、僕は好きですね。
電車の中も、中吊りや壁の広告が悉く中日と言うこだわりっぷり(中日の選手とか歴史とかが掲載されている)。天晴れです。
この中日一色電車の仕掛け人スポンサーは何とIEONグループ。
一見何の関係もなさそうですが、中日ドラゴンズのホーム球場であるナゴヤドームのすぐ隣がIEONである事を考えれば、小学生にも判る話。

   中日のファンが増える
      ↓
   ナゴヤドームに足を運ぶ人が増える
      ↓
   あわよくばIEONにも足を運ぶ人が増える
      ↓
   IEONグループが儲かる


アンチ中日の人が運悪くこの車両に出くわしたら、どういう態度をとるかが少々気になる所。
我慢して乗るか。
漢を見せて次を待つか。

佇立雨界

麦藁少年


Catcher in the Rye Catcher in the Rye
J. D. Salinger (1991/04)
Lb Books

この商品の詳細を見る


僕は英語は嫌いなんですが。
買ってしまいました“The Catcher in the Rye”原文。
話の内容はしっかり把握してあるので、まあ、多少つっかえる所は飛ばしても大丈夫です。
今回は原文を読んでちょっと発見した事を。

1章の前半に攻殻S.A.C.のミキちゃんも話していた“秘密の金魚”と言う話(『ライ麦畑で捕まえて』では主人公の兄が書いた詩とされている)。
攻殻でも、『ライ麦畑で捕まえて』(=日本語訳)の方でも、金魚を飼っているのは女の子ですが、“The Catcher in the Rye”では

  ... his goldfish ...

となっているのです。しかも、これは誤植でも何でもない、正真正銘の原作です。
つまり“秘密の金魚”の主人公は女の子ではなく男の子と言うことになります。
単に野崎孝氏(日本語訳版の翻訳者)が間違えただけなのか、それとも何か違う理由が隠されているのか、また攻殻スタッフはこれを知っていて敢えて“女の子”としたのか・・・。
真相を知っている人はいません。

(今回、“攻殻”と言うより“小説”に近い気が・・・。)
Calender
04 | 2006/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
Category
Archive Every Month
Search
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。