スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

魔弾射手



冬コミ発行予定のシュピーゲル合同誌にイラストでお邪魔してきました。
本当は漫画の予定だったのですが、精神的にも時間的にも余裕がなかったのでイラストになりました。
頒布予定のサークル参加は1日目西ほ-19bだそうです。
スポンサーサイト

遺言鏡像

今日は日記ではないです。ゴメンナサイ。
“テスタメントシュピーゲル”を読みながらツイッターでメモしていた内容のログまとめです。
モロネタバレなのでワンクッション。

続きを読む

読書解力

うっかり“スプライト・シュピーゲルⅣ”を読んでたら一日が終わってしまいました。
まあ他にもモンハンやってたりスパモンの福音書読んでたんですけどね。そして起きたのが9時半という驚異的な時間だったのも原因なんですけどね。

最初読んだ時はキャラクターに感情移入しすぎて全く気付かなかったのですが、改めて読んでみると・・・ムツカシイよ。自分の知識の乏しさが露呈されてしまったよ。
そしてそれ以上に、自分の“読書力”が衰えている事実に愕然としました。

“読書力”ってのはまあ自分で勝手に付けた名称なんですが、要は“読んだだけ”でどこまで理解出来るか、という能力の事です。
書いてある文章を一度“眺めた”だけで読解/理解/記憶/想像を同時にこなし、まるで映像を眺めているかの如き脳内シミュレーションを完了させてしまえる、というのが僕の自慢だったのですが、ここ最近の多忙故にどうやらその能力が著しく衰退してしまったようです。
何度文を読んでも理解出来ない、キャラクターの動きが掴めない。一度読んだ筈の小説なのに、読むのに非常にてこずる。
忙しさに感けて色々なモノを疎かにしすぎたようです。

取り敢えずは色々な本を買い漁って読み耽りたいと思います。


【追記】
ずっと前から気になってた事を思い出しました。
4巻で日向と御影の名前がそれぞれ“日向・ロルフ・アナベル”と“御影・ホルスト・ブレネンデ・リーベ”になってる。
因みに他の巻では“ロルフ・日向・アナベル”と“ホルスト・御影・ブレネンデ・リーベ”。
一体どっちが正しいのか、思わず首をひねってしまいます。
4巻で乙が“日向”と呼べ、との台詞に対して“成人前の名前っしょ?”と呼ぶのを躊躇っている様子からすると二人とも成人してるっぽい(少なくとも日向が御影より年上、と言う事は無かろうかと)。
さりとて地の文や他キャラクターからも“日向”“御影”と呼称されているし(“成人後の名で呼べ”と言っているニナからすら“御影”と呼ばれていますからね)、そうなるとやはり成人はしていないのか・・・。
むううう、一体どっちなんだーッ?!

廃人読書

お久し振りです。
ここ暫くモンハンやったり本読んだりで日記を書く余裕がありませんでした。

今日まででハリポタ最終巻とグイン最新刊と夢枕獏の“黒塚”を読了、ひとまず実家から持ってきた本は全て読み終わりました。

ハリポタは・・・そうですね、次回実家に帰った時にまとめて全部読み返したいです。キャラクターを忘れすぎてて泣きました。“謎のプリンス”を映画観る前に読み返したのでどうにか付いていけましたが、それでもマンダンガスとか誰それ扱いですよ。しかも酷い事に偶にリーマスとシリウスがごっちゃになるから始末に終えない。もうだめだ。
取り敢えず隠れスネイプファンとしては嬉しい1冊(2冊)でした。

グイン・・・遂に作者あとがきのない巻が出てしまいましたね。
ぐらちー久々登場と相成りましたが・・・多分最終巻には間に合わないかな。ここから暫くヨナ&スカールターンとリンダ&イシュトターンの交互でしょうから出てくるとしたら5巻位先・・・下手したら10巻先にもなり得ますね。どう考えてもこの先の登場は見込めませんな。

“黒塚”は相変わらず面白くて一日で読了。夢枕作品を読む時は大体廃人プレイならぬ廃人読書になってしまうんですよね。まあそれだけ面白いって事で。

複人一獣

昨日はバーベキューパーティーでした。久々に大量の肉を食べた・・・(うっとり)。
最近は買うのが面倒で肉・魚をあまり摂ってないんですよね。健康に宜しくない事は理解しているものの、足の早さについ購入を躊躇ってしまいます。
話が弾んでついうっかり午前様になってしまった為に昨日の日記は無かったという・・・。
しかしウィスキーは駄目ですね、自分には無理でした。舐めた程度で二日酔いとか・・・。最も、3時まで起きていたのも原因でしょうが。

で、午前中はヒーヒー言いながら帰宅し、昼過ぎまでずっと布団でゴロゴロしつつ“マルドゥック・スクランブル”を読んでいました。モンハンやろうかとも思いましたがただでさえ酔っている所へ画面酔いでもしたら洒落にならんと諦めましたよ。え?勉強はって?いやだなあ、それこそ酔うじゃないですか(←手に負えない)。
“マルドゥック”を読んでいて、改めてこの作品は“オイレンシュピーゲル”“スプライトシュピーゲル”の原点なのだなあと実感してしまいました。


「俺たちは、互いに互いの目であり、耳であり、武器である。それが俺達の強みだ」
                (『マルドゥック・スクランブル The First Compression-圧縮』)

「〈猋〉遊撃小隊は、文字通り三人で一頭の獣である。互いが頭となり目となり手足となって、突撃をフォロー、狙撃をカバー、遊撃的にサポート。優先すべき行動のためには、互いの盾となることをも避けてはならない・・・・・・。」
                (『オイレンシュピーゲル弐 FRAGILE!!/壊れもの注意!!』)


そもそも顎骨に通信機器を埋め込んでの無線通信や、人体の損傷を人工のもので補うといった科学設定が非常に似通っているし、“マルドゥック・ヴェロシティ”に微々ながら登場する“/”や“=”、“――”を本格的に活用したのがシュピーゲルシリーズである訳ですよ。
それを考えながら“マルドゥック・スクランブル”を読み進めていきたいと思います。

豹頭在庫

只今“醉心/ブナのしずく純米酒”で晩酌中です。安かったですが割と美味しいです。良かった良かった。

今日本屋へ行ったらグイン・サーガが無くて泣けました。いやまあ新書版はあったんですが、アニメ放送中に加えて作者が亡くなったんだから特設コーナーとか設けてほしいですよ。手向けの意味も込めて。
今月は最新刊の出る月ですが、この調子だとこの近辺では手に入らなさそうですね。つくづく前の大学の購買が懐かしい・・・!!

あ、昨日の“Mr. BRAIN”は見事に見逃しました。45分前につけたんですけどね、うるさいからと切ったまま気付いたら9:58とか・・・。もう僕にテレビを見る資格は無いんでしょうか。

黒竜前夜

モンハンのトレジャーでギアノスの秘玉出したのに、うっかり落として納品出来ませんでした。
わあああああ!!!
悔しいので叫んでみました。特に意味はありません。


グイン・サーガの最新刊(小説の方ですよ)が何巻なのか調べていたところ、DVD一巻のこんな記事を発見。

特典小説
(http://www.guinsaga.net/より)

ちょ・・・!書き下ろしの外伝とか、読まない訳にはいかないじゃないですか!
しかも黒竜戦役前夜・・・!イシュトは出てこないがおてんばリンダが出てくるじゃないですか!

と言う事で速攻注文して来ました。勿論生産限定版ですよ。

栗本訃報

今日、栗本薫氏が逝去されたそうです。
“グイン・サーガ”の最新刊を追っている自分としてはとても残念です。そしてとても悲しいです。

原稿は上がっているけどまだ刊行されていない、所謂“ストック分”が今年一杯分はあるらしいので、取り敢えずはそれを待つ事にします。
しかし作者あとがきのないグインか・・・なんか寂しいな・・・。

夢水卒業

卒業~開かずの教室を開けるとき~ 名探偵夢水清志郎事件ノート (講談社青い鳥文庫)卒業~開かずの教室を開けるとき~ 名探偵夢水清志郎事件ノート (講談社青い鳥文庫)
(2009/03/14)
はやみね かおる

商品詳細を見る


遂に最終巻となりました。足掛け15年ですか、ううむ月日の如何に早き事よ。

全体的に見てみると、“ああ作者はここへゴールしたかったのか”と思わせる雰囲気で溢れていますね。
終盤に謎を解く教授のシーンも、ラストの“お帰りなさい”も、変わらなければならないけれどやっぱりそれはぐるーっと一周して元に戻る事は出来るんだよ。という事が言いたいんじゃないかなと。
・・・何が言いたいか分からなくなってきた。

亜衣とレーチが切なすぎる・・・。おいちゃんいい年して泣いちゃうよ。わああ。

最終といえば“魔人探偵脳噛ネウロ”も今週号が最終話でしたね。
ネウロの足のシーンが素敵過ぎです。いっそ顔なしでラスト突っ込んでも良かったと思いますよ。

直筆署名

“都会のトム&ソーヤ”6巻のサイン本が届きました。
クレジットでしか清算が出来なかったので父に泣きついたら注文してくれました。
父よありがたう!
しかしやはりクレジットカードは持っていた方が良いのか・・・。必然性がなかったので未だ持っていません。

この1週間、アルトネ2ばっかりやっている気がする。いやでも今週中にはエンディングまで行きたいので頑張りまふ。


*拍手返信
・10月06日のOhtsuno様
大正解!お察しの通りその拳銃から来ています。とある漫画の好きなキャラクターがその拳銃を持っていたので、そこから捻ってペンネームにしました。
最近運動不足の所為かこの家が埃っぽい所為か、どうにも体調が不安定です。でもこの日記書くだけの余力はあるのできっと大丈夫ですよ。何はともあれ、心配して頂いて有難うございます。そして心配をおかけして申し訳ない・・・。
Calender
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Category
Archive Every Month
Search
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。